Posted on 2014/07/24 19:54
Posted 1 month ago
山下達郎名言「最近、音楽の質が低くなった、昔の音楽は良かった、という人がいますが、それは違います。昔も質の低い音楽はたくさんあった。低質の方が多かった。でもそれらは時と共に忘れ去られ良いものだけが残ってる今だから昔の音楽は良質のものばかりという印象を受けるのです」
Posted on 2014/07/24 19:54
Posted 1 month ago
ところで、セイロンと言えば、スリランカの旧名である。

スリランカで紅茶を作るようになったのはイギリスがスリランカを植民地にしていたからだ。

イギリス人はここで紅茶を作る労働者として、地元のシンハラ人を使わずにインドからタミル人を連れてきて労働させた。

シンハラ人は仏教。
タミル人はヒンドゥー教。

やがて、スリランカという小さな島の中で2つの民族が溶け合わないまま対立するようになり、これがスリランカに激しい内戦を生み出す元になっていく。

ここで、セイロン茶葉の紅茶でも飲みながら考えて欲しい。

イギリスは統治する植民地には必ず異民族を「植民」して、対立が起きるようにしたのはなぜか。それは「分割統治」という支配戦略を持っていたからだ。

イギリスは、自分たちが植民地に君臨するとき、必ずクッションとして別の民族を自分たちの下に置く。

そして、そのクッションにした民族を優遇し、税金の取り立てや警察組織をその民族にやらせる。

そうすると、土着の民族と、植民された民族が互いに反目し合って、直接イギリスに敵意が向かって来ない。

スリランカでは、その分割統治の定石通りに植民地支配が行われて、インドから連れてこられたタミル人は土着のシンハラ人をよそに安定した仕事と富を得ることになった。

そして、イギリスの目論み通り、シンハラ人とタミル人は憎しみ合い、数十年にも渡る激しい闘争を繰り広げていたのである。

この構図は、香港でも、シンガポールでも使われた。そして、パレスチナでも分割統治の名残りとしてユダヤ人が植民されて、中東の火薬庫となっていった。

異民族が植民されたら必ず対立する。そして、分断できる。分断したら、その両方の支配者になって、刃向かいそうになったら双方で対立を煽ればいい。

植民地で紅茶を作らせるためにタミル人が連れて来られたが、それが対立を生み出すのをイギリスは初めから知っており、それを利用したのである。
Posted on 2014/07/24 19:50
Posted 1 month ago
「ベストとワーストの案を考え、ベストの案を捨て、ワーストの案を実現可能な案に落とし込む」という発想法は初めて知りました。これは面白い方法です。経験談ですが、ベストな案を考えようしても、なかなか思いつきません。一方、ワーストな案なら比較的楽に思いつけます。メチャクチャな案でもいいのだから。
Posted on 2014/07/24 19:49
Posted 1 month ago
必要なのは指を切らない包丁ではない。転ばない自転車ではない。火傷をしない火ではない。墜落しない飛行機ではない。本質の隠蔽は退化と無知と想像力の欠如しかもたらさない。
Posted on 2014/07/24 19:48
Posted 1 month ago
差別と区別を完全に使い分けたシンガポールの移民政策はすごい。
カジノや売春は合法化(免許制)にしてマフィアの仕事をなくす。英語喋れずに稼げる仕事は少ないから、自然と移民がやる。
免許制だからボッタクリも病気もない。二年ごとにビザ更新、不健康や無職は追い出す。
シンガポール人は教育に熱心で、高度教育の必要な要職につく。教育のいらない仕事は移民がやる。移民でも頭よければ要職につける。でも、実力で、超高学歴で、かつ大学のレベルが高い(成績がそのままビジネスの実力につながる)シンガポール人に勝つのは難しい。結果として労働力には不自由しない
そしてシンガポール人は、努力はいるけど、豊富な労働力を背景に、みんないい生活してて治安もいい。外国人でも実力があれば同じことができる。 (がんばらないシンガポール人がどうなるかはわからないけど、たぶんシンガポールにいづらくなりそう)
街は超フリーダムでマルチカルチャー。いろんな国の人がいろんな輻輳してる。日本のインド人は目立つから民族衣装着づらいけど、シンガポールではなに着てもいい。人に迷惑をかけなければなにやってもよくて、みんなに迷惑をかけると厳罰。自由でわかりやすい。
外国人の勤労ビザ更新は血液検査が必須。指紋どころではない。麻薬や性病は国外退去。かわりに健康診断してもらえる。
国の魅力を増す、アートやエンターテイメントには超投資されてる。稼いでる分ハデに使って、社会が楽しくなってる。
それでも外国人はシンガポールに来たがる。稼げて自由で安全で便利で楽しくて、魅力があるから。道路掃除の移民でさえ楽しそう。日本も国に魅力があるうちに見習いたい。
Posted on 2014/05/19 22:54
Posted 4 months ago
「軍靴の足音が聞こえる。戦争こわい、戦争こわい。こわいなぁ」
「ほら、憲法改正して戦争できるようにしてやったぞ。こわいだろう」
「こわい、こわい。次は、日本の核武装がこわい」
おあとがよろしいようで…
Posted on 2014/04/12 23:38
Posted 5 months ago

30 名前:とりあえず名無し[sage] 投稿日:2014/04/11(金) 20:05:23 ID:yIFFOFzM0

俺自身がガチャとなることだ

Posted on 2014/04/10 18:03
Posted 5 months ago

本日(4/9)、下記のメールが届きました。
結構有名なスパムメールかも知れません。
当然ながらこのスパムは、差出人である”お母さん”に「宛先をお間違えじゃないでしょうか?」という類の返信メールを期待しているわけですね。

差出人:michikikegami@yahoo.co.jp
タイトル:お母さんです

隆文へ

元気にしてますか?お母さんです。突然のメールでごめんなさい。
あなたの携帯がつながらなかったので、川口君に連絡先を聞いてメールしました。

お父さんが仕事中で事故に合い、今記念病院に入院してます。
仕事忙しいと思いますが、よかったらお見舞いに来て、顔を見せてあげてください。

左足の骨折ですんで本当によかったです。ただもうお父さんも歳なので元気づけてあげてださい。きっと喜びます。

あと佐々木君が来月に結婚するそうです。招待状を送りたいのであなたの新しい住所を教えて欲しいと言ってました。

とにかくメールをみたら一度お母さんに連絡ください。

平日はパートに行ってるので、17時には家にいます。

なーるほど。

Posted on 2014/03/25 00:09
Posted 5 months ago
妹よ、ムニエルは天使の名前じゃない

Twitter / @na74 (via ajinotatakinamennna)

「鯛天使ムニエル」 魚料理を司る天使。外側のカリッとさせた食感と、中の柔らかい身の違いが好まれる。レモン汁がよくあう。

Posted on 2014/03/24 23:54
Posted 5 months ago
老人「こ、この種籾は皆の希望なんじゃあ!」
モヒカン「馬鹿野郎、畑の準備どころか水の確保もしてない癖に剥きだしの種籾を高温環境下に置くんじゃねえ!」
スキンヘッド「じじいのいた村を探せえ! 救荒作物に米を植えるなあ! 今は芋と蕪と南瓜をメインに育てさせろお!」